Now Loading...

Now Loading...

マナー講師の資格を取得するならJAMOI【日本マナーOJTインストラクター協会】

pagetop

インバウンドコーチ®養成講座

こんな方におすすめ!

インバウンドコーチ®養成講座とは

~日本を真の 「観光立国」へ~

2020年訪日外客4000万人時代に向けて。貴方の経験・知識を生かしませんか?
外国人対応には、外国語対応を始め、異文化への理解、国別特性の知識、集客(マーケティング)まで幅広く最新の情報を得ることが必要です。

  • オリンピックで何か携わりたいな。
  • ずっと語学の勉強してるんだけど・・・。
  • 外国人のお客様が増えているんだよね。

その想いを講師として 「活用してみませんか?

既にインバウンドコーチ®資格取得した認定講師陣の実施した口座数は3000回以上(2014年開講~現在) 今、日本中で求められているグローバル人材を育成できる講師です。

  • 海外からのお客様とコミュニケーションのとれる人材を育てる
  • インバウンド対策人材を育てる
  • グローバル人材として活躍できる

ことを目的としています。

講座のご紹介

インバウンドコーチ®養成講座

受講時間 全5日間(30時間)10:00〜17:00(昼食休憩1時間)
講座内容 1異文化理解とインバウンド(訪日外客)事情
2業種別 接客英会話(飲食、物販、宿泊)
3対話力を鍛えさせる 英語指導法、ロールプレイングフィードバック
4各国のお客様に喜ばれる「おもてなし」
5インバウンドコーチ®開講教授法(英語・中国語)
受講費用 150,000円(税別)

認定試験合格者は協会員になることが可能です。
(協会認定講座開講には協会入会必須)

年会費:6,000円(税込)
開催地 大阪会場、東京会場、福岡会場
東京会場
(Grace東京青山校)
東京都港区南青山3-8-6 ル・シェール青山 3階
(東京メトロ表参道駅および外苑前駅より徒歩5分)
大阪会場
(Grace大阪本町校)
大阪市中央区本町4-5-18 本町YSビル7F
(地下鉄各線「本町駅」より徒歩3分)
カリキュラム カリキュラムをダウンロードする

インバウンドコーチ®として活躍できる!

  • 01 Point1 外国人の応対に苦手意識のあるスタッフが多い

  • 02 Point2 訪日外国人観光客を集客したい!

  • 03 Point3 外国人観光客の受け入れにトラブルを抱えている(異文化理解)

※高い語学力は不要です!外国人応対をしている方、教えたい方であればどなたでも活用頂ける資格です。

受講者の活躍フィールド

  • 商工会議所や地方自治体等の特別講師

    1

  • ホテル・飲食店等でサービススタッフの指導

    2

  • 観光系・語学系専門学校の講師

    3

日本のおもてなしを伝える インバウンドコーチ®ってどんなお仕事?

  • インバウンド受け入れ対策講座を開講

    インバウンド受け入れ対策講座を開講

    訪日外国人の接客を行う方へ、「おもてなしの心」を伝える心構えや基本の接客フレーズ、
    異文化を学ぶ英語・中国語接遇ベーシック講座を開講します。
    受講生は飲食店の店長やホテルスタッフなど職種は様々です。座学だけでなくワークやロールプレイングも行い、
    すぐに現場で使えるスキルを得られる講座づくりを心がけています。

  • 企業へ訪問・商談

    企業へ訪問・商談

    インバウンド受け入れ対策研修を導入する企業は年々増えています。実際に企業を訪問し、
    クライアントの課題や目標をヒアリング。企業に合わせたプログラムを作成し研修を行います。
    研修後の成果を見るために覆面調査なども行い、苦手意識を持っていた受講生が「やってみよう!」と前向きに取り組む様子を見るとやりがいを感じます。

  • テキスト作成、提案資料準備

    テキスト作成、提案資料準備

    インバウンド受け入れ対策研修のなかでも、ニーズは業界や職種によって様々です。個々のクライアントに合わせて必要な接客フレーズや、
    異文化理解を盛り込んでテキストを作成します。年々拡大するインバウンド市場ですが、受け入れ対策が整っている企業は多くありません。
    必要性を啓蒙することへも、日々取り組んでいます!

モデルケース

資格取得後サポート

  • 講師定例勉強会開催 (インバウンド最新トレンドや市場動向等)

    1

  • アドバイザー制度 ・オブザーブ制度 (本部講師に何でも相談可能。先輩講師の研修もオブザーブできる!)

    2

  • 講師同士の情報共有の場が充実 (会員専用掲示板やFacebookページ等で講座や研修の様子をアップ)

    3