Menu ×

Manner Up Magazine > ビジネスマナー > リクルートスーツよりも大事な、差がつく身だしなみの3つのポイント
Man and Woman are standing under the blue sky

リクルートスーツよりも大事な、差がつく身だしなみの3つのポイント

2018/04/20

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは。シニアマナーOJTインストラクターの毛呂 霞です。
4月以降、街中でリクルートスーツの方を多く見かけます。説明会や面接など、就職活動真っ只中!の方が多いのでは? そんな皆様に、就職活動での装いのマナーをお伝えします。

就職活動ではリクルートスーツを身に着け、鞄は黒のものを持つなどは常識ですね。
面接官は、それ以外の細かい点まで見ていることをご存知ですか? 今回は、見落としがちなポイントを3つご紹介しましょう。

靴は磨いておく

リクルートスーツは、どこのメーカーであっても基本の形は同じです。そこで差を見つけるのは難しく、面接官が見ているのは「靴」です。人によって差が出やすい場所であり、上半身は気を使っていても足元は油断しがちなため、性格や日頃の生活習慣が出やすい場所であるからです。
靴は必ず磨いておきましょう。

また、就職活動が本格化する今からのシーズンは、1日に何件も面接や説明会へ足を運ぶことが多いもの。かかとの擦り減りや傷が目立ってきますので、靴を休ませるためにも2足は用意しておくことをオススメします。

Man and Woman are sitting on the chair with suits

毛先のハネに気をつける

女性であれば髪を束ねることや、男性であれば少しセットをすることなどは、すでに行っていると思います。そこで気をつけていただきたいのが、「毛先のハネ」。
特に女性が髪を束ねたときの襟足や後れ毛などは、スタイリング剤やヘアピンを使用して留めることがベターです。
スーツに合わせて髪をタイトにおさえる場合は、ジェルやワックスがオススメです。

髪型に関しては特に、「清潔感」を意識して整えましょう。

Young lady in suits with OK sign

爪の手入れで清潔感アップ

先ほどの靴と同様、爪もそのままより、手入れをしておくほうがベターです。
企業によってはネイル可のところもありますが、就職活動中はさまざまな企業を回りますし、面接官の考え方もさまざまですので、ジェルネイルなどはあまりオススメではありません。

男性であれば、伸びすぎていないことや爪垢がないこと、女性であれば、それに加えて派手なネイルでないこと。指先まで手入れが行き届いている方は、やはり印象が良く、きちんとしていると感じられますよね。

A hand, watch her nails.

いかがでしたか?
上記の3点に関しては、「私服でお越しください」と言われた場合の面接の場合でも気をつけると、より良い印象を与えられます。さらに、今後社会人になってからも意識する点でもあります。
皆様の今後のご活躍を期待しています!

心地よい人間関係を築くヒントをお届けする「Manner Up Magazine(マナーアップマガジン)」
思いやりの心を行動で表したい方のお役にたてれば幸いです。

このマナーについては、♯マナーOJTインストラクター #ソーシャルマナー

日本マナーOJTインストラクター協会
シニアマナーOJTインストラクター 毛呂 霞

講師毛呂霞blog

あなたにおすすめの記事