英語・中国語接遇ベーシック認定講座

英語・中国語接遇ベーシック認定講座とは

インバウンド(訪日外国人観光客)の数はこれまで増加してきました。
この流れは、感染症の拡大を抑えつつある今、また、取り戻せることでしょう。

アフターコロナになって素早く動くために。
今のうちから行動しておくことが重要です。
未来をしっかり見据えるに、オンライン受講をおすすめします。

こんなお悩みはございませんか?

「言語が分からなくて、対応できない」
「インバウンドに対しての苦手意識が払拭できない」
「インバウンド応対、どうしたら正解?」
「そもそもインバウンド向けの準備って何?」

そのお悩みと疑問、ご自身の力で解決できます! そう、接遇ベーシック講座ならね!

受講された方は、「インバウンド対応への苦手意識が薄れた。自信がもてたら接客スキルが向上した。前よりたくさんのインバウンドが訪れるようになった!」とのお声を頂いております。

あなたも受講しませんか?

英語・中国語での接遇ポイントとは?

必要なのは、気持ちよく応対できるようになることです。

Point1

英語圏へのおすすめ取組

  • おもいやりの心を伝えること
  • 接客の7割をカバーする
    質問をマスターすること 
Point2

中国語圏へのおすすめ取組

  • 心の垣根をなくすこと
  • 異文化理解を深めること

本講座の特徴

英語・中国語接遇ベーシック認定講座を受講すると、こんな力が身に付きます

Point1

インバウンドに対し臆せず
おもてなしの心を伝える接客ができる!

Point2

簡単な接客会話を学ぶと

現場で実践できる!自信がつく!

Point3

満足されたインバウンドがリピーターに!?

仕事に対するやる気もつく!

受講生の声

こんな方が受けています

中国語で挨拶ができることでお客様からの印象も違うと思うので、英語と同じようにジェスチャーを入れながら、中国語で挨拶できるように今後も続けて練習をしていきたいと思います。

(ホテル業 50代)

「クレーム対応」が非常に勉強になった。他国の文化、風習を知って、日本と両方の立場からサービスを行わなければいけないと感じた。

(運輸業(タクシー) 50代)

これまでは「外国人対応はできないのでお断り」とまで考えていたが、研修を受けてコミュニケーションは言葉だけではなく、表情、ジェスチャー、イラスト、指さしツール、目の前の食材、メニューなどあらゆるものを使って、喜んでいただければいいのだという事を学んだ。

(飲食業 50代)

講座概要

英語・中国語接遇ベーシック認定講座

受講時間 英語接遇ベーシック講座 3時間
中国語接遇ベーシック講座 3時間
講座内容

英語接遇・中国語接遇共通項目
  ・協会理念
  ・ゴール設定
  ・インバウンド概要
  ・コミュニケーション

【英語接遇ベーシック認定講座・専門内容】
  ・外国人に対する接遇
  ・シンプル英会話でコミュニケーション
  ・ロールプレイ(実践練習)
  ・コミュニケーションのための工夫
  ・目標設定
         ・・・その他
【中国語接遇ベーシック認定講座・専門内容】
  ・接客八大用語
  ・身につけたいフレーズ
  ・役立つフレーズ
  ・外国人に対する接遇
  ・ロールプレイング(実践練習)
  ・コミュニケーションのための工夫
  ・目標設定
         ・・・その他

受講費用

各講座とも5,500円 テキスト代:2,100円 認定料:1,650円※全て税込価格
※合格者には、お店のウィンドウなどに貼ってアピールできる『認証ステッカー』もお送りします。

※英語・中国語の他に、韓国語などのオリジナル講座もあります。
※指さすだけでコミュニケーションできるる小冊子『指差しツール』の作成も対応しています。HEB/HCBを店舗単位で受講したいとお考えの方は、JAMOI事務局までメールでお問い合わせ下さい。
※キャンセルポリシーはこちら

JAMOIが選ばれる理由

Reason1

オンラインで受講OK!
近くにも講師がいるから安心!

Reason2

日本の10,000人に1人は
既にJAMOIの講座を受講済み!

Reason3

履歴書に書ける資格だから
あなたとあなたのお店のPRに活かせる!