Menu ×

Manner Up Magazine > 暮らしのマナー > お家時間で自分磨き!暮らしの中で出来る簡単エレガントアップ
いろいろダメな和のマナーをしてる外人の女性

お家時間で自分磨き!暮らしの中で出来る簡単エレガントアップ

2020/11/13


みなさん、こんにちは。
シニアマナーOJTインストラクター・キッズマナーインストラクターの前澤暢子です。
コロナ禍を経て、精神的に落ち着かない日々も大分受け入れられるようになってきましたね。緊急事態による、生活の変化にもようやく慣れてきたという方も多いのではないしょうか。
おうち時間が増え、今までとは違った視点をもって生活することで、これまでと違う、新しいあなたに出会えるかもしれません。
生活にハリをもたせ、心を楽しませることは、ご自身を輝かせるためにも大切なことです。

このコラムでは、誰でもすぐにできて、簡単なのに身につけておけばエレガントアップしたステキ女性としてきっと評価も上がる。
気持ちを上げて意識を改革して取り組むのに、比較的簡単なオススメポイントについてお伝えします。
あなたを素敵な女性に変身させる、プチ意識改革だと思ってお読みください^_^

飾り棚の素敵な食器を普段使いに!所作のエレガントアップ

皆さんは、リラックスしたいとき、温かい飲み物を召し上がることが多いのにお気づきでしょうか?
体を温める飲み物は、精神をリラックスさせたり、血行を良くしてむくみを解消したりすることは既にご存知の方も多いと思います。

PC作業をしているとき、お気に入りのテレビを楽しむとき、今ですとZOOMお茶会などでも手元に温かい飲み物があれば寛げたり、高いパフォーマンスを発揮したりするのではないでしょうか。
普段コーヒー、紅茶、緑茶などを召し上がるとき、どのようなカップをお使いですか?しっかりした作りが安心!一度にたくさん飲める大きなのが好き!と、マグカップをお使いではないでしょうか。

頼もしいマグカップも良いですが、私の“気持ち上げ意識改革”第一ポイントのおススメは、これまで大切にしまってある “格別”の食器を使うことです。
前澤講師のお気に入りのティーセット
おうちの飾り棚、キャビネット、サイドボードをのぞいてみてください。特別な日に使いたいとしまい込んだまま、ほとんど日の目を見ていない素敵なコーヒーカップや、ティーカップのセットがあるのではないでしょうか。

コーヒーやお紅茶を飲むときソーサー付きのセットに変えてみましょう。いつもより優雅な気分を感じられると思います。
お気に入りの素敵なカップ&ソーサーで過ごすリラックスタイムは、おうちであっても、高級ホテルのラウンジで頂いているイメージになるでしょう。

大切なカップであれば、上げ下ろしも自然と丁寧になっていることでしょう。
ご自身の所作が変化していることにきづくはずです。物を大切に思う気持ちから生まれる優しさは、見る人にも優しさを感じさせます。これは、あなたのエレガントアップにもつながることでしょう。

また和の、エレガントアップとして茶托(ちゃたく)の普段使いをおススメします。
私の家には、20年以上大事に使っているテーブルがあります。
普段、テーブルクロスの上にそのまま湯呑を置いていたため、湯呑から伝わる熱によって「輪染み」ができていました。テーブルクロスを交換する時にその染みに気が付き、大変驚きました。お茶を一服楽しむときに、茶托は、エレガントなだけでなく、実用面では必須アイテムだったと実感しました。
ちょっとしたことで日々の暮らしは華やぎます。和のおやつ
暮らしの中での所作というものは、日常的に行うことにより、あなたの“当たり前”となっていくものです。
リラックスタイムにも“格別”な食器を取り入れることで意識を変えていき、ぜひあなたのエレガントアップにつなげてください。

外で食べ歩く機会の減った今こそチャンス!見直したい箸使い

私たちの日々の生活の中で欠かせないものの一つに「箸」があります。
日本人の人生は、箸に始まり箸に終わると言われるほど、私たちの生活になじみ深いお箸は、一方で、その持ち方について時々議論が巻き起こるほど、みなさんの興味関心を集めるものです。
他人の箸使いには、あなたもつい目が行ってしまう機会が多いのではないでしょうか。

このお箸の使い方も、ちょっとしたポイントをご存知でいらしたらあなたのエレガンス度をアップすることが出来ます。もち方に関する詳細と、詳しい方法はこのコラムでも何度かお伝えしています。
箸の上げ下ろしの所作についてはこちらを

婚活女子必見!食事の場で品格を上げる、美しい所作とマナー

子どもに戻ったつもりで、最初から確認してみるのもまた発見があるかもしれませんね。

お箸の練習はいつから? 始める時期とお箸選び、正しい持ち方のポイント

調べて理解出来たポイントをぜひ実践しましょう。大切なのは客観的に見ることです。
おうち時間に、ご自宅でお一人ご飯を召し上がる時には、ご自身の箸使いを鏡に映してみるのもよいでしょう。出来るならば、スマホでビデオに撮ってみるなどもおススメのチェック方法です。

そうして見返したご自身の箸使いから食べ方までも含めて確認し、エレガントアップに役立ててください。

例えば、お刺身を頂くときのお醬油の小皿は、手に持っていただくのが美しく見えることでしょう。低めのテーブルに背中を丸めてご飯をいただく姿は、お世辞にも美しいとは言えないでしょう。一人で過ごせるおうち時間では、ついつい気が緩んでしまって、そんな姿勢で食事していませんか?知らず知らずのうちにそうした習慣が染みついていないか、セルフチェックしてみましょう。
素敵な和の膳の写真
先日、テレビで素敵な女優さんが3名で和食を食べられるシーンを見たのですが・・・。美味しそうな食事や、素敵な内装のたたずまい、美しい女優さん達よりも何より、彼女たちの「箸使い」に目が釘付けとなりました。
日常で身につく所作の違いで、イメージは大きく変わるものだなと改めて実感しました。

寒くなってきて、また出歩く機会が減りつつあります。こんな時期だからこそ、お家時間を丁寧に過ごし、明日のあなたをのために、自分磨きに勤しみませんか?
日々の暮らしの中で簡単にできる意識改革で、ぜひ、キラリと輝くエレガントアップしたあなたになってくださいませ。

心地よい人間関係を築くヒントをお届けする「Manner Up Magazine(マナーアップマガジン)」
思いやりの心を行動で表すためのアイデアが詰まったウェブマガジンです。お役に立てれば幸いです。

このマナーについては、#ソーシャルマナー

日本マナーOJTインストラクター協会
シニアマナーOJTインストラクター 前澤暢子

講師前澤暢子blog

あなたにおすすめの記事